• 富士宮の家
  • 富士宮の家

    道路から見る。近隣に開いた前庭と公園に繋がる庭園に挟まれた構成。

  • 富士宮の家

    南側全景。塔屋には光を取り込む高窓がある。

  • 富士宮の家

    アプローチ。正面の羽目板が扉になっており、奥に車庫がある。

  • 富士宮の家

    直接客間から上がったり、奥に迂回することもできる。

  • 富士宮の家

    客間から食堂と居間を通して庭園を望む。

  • 富士宮の家

    客間、書斎、食堂の関係。

  • 富士宮の家

    様々な居場所が層状に連なって、東西の庭に繋がっている。

  • 富士宮の家

    居間は建具を引き込むことができ、庭園と一体になる。右奥はテラス。

  • 富士宮の家

    レベル差のある公園との間に傾斜を設け、一体感をつくり出す。

  • 富士宮の家

    庭園から居間を見返す。

  • 富士宮の家

    水音を聞きながら寛ぐことができる居間とテラス。

  • 富士宮の家

    東側全景。

  • 富士宮の家

    紅葉や花が楽しめる植栽を施している。

  • 富士宮の家

    テラスに面した浴室。主寝室と食堂の両方から出入りできる。

  • 富士宮の家

    富士山の南西にあたる街の比較的新しく整備された住宅地にあり、西側を歩道付きの道に、東側を緑豊かな公園に接した30m近い奥行の敷地であった。

    道と公園のそれぞれに対し外部空間を介して関係をもつよう、二つの庭を設け、中央に建物を配置した。

    道に開いた前庭は、芝を敷き詰めた広場のような雰囲気の空間で、畳の間や玄関先から孫が遊ぶ様子を眺めることができるようになっている。一方、奥の庭園は、1.5mほど高いレベルにある公園との間に法面を設けて、緑が繋がっているような印象をつくり出し、木々を映す池を中心に、紅葉や花など、四季を楽しめる庭とした。

    建物は、この二つの庭に開いた構成で、中央には天井高3.9mの吹抜空間が、庭どうしを結ぶように貫通する。玄関、客間、書斎、食堂、居間といった場が層状に連なる続き間になっており、それぞれの居心地が良くなるような幅と奥行を与えている。層を成す壁に穿たれた開口や欄間格子が重なって見通せ、高窓からの光が刻々と変化し、風が通り抜ける気持ちの良い空間で、二つの庭の様々な表情を眺めることができる。

    そしてここを中心に、その他の部屋も含めて二方向以上の出入口を設け、行き止まりなく回遊できる計画になっており、年配のご夫婦がおおらかな生活をおくれるように意図した。


    所在地 静岡県富士宮市外神東町
    主要用途 住宅
    住人構成 夫婦
    敷地面積 445m²
    建築面積 105m²
    延床面積 86m²(26T)
    規模 地上1階