• 山陰の家
  • 山陰の家

    右手に北庭があり、奥に客間が見える。

  • 山陰の家

    雁行するアプローチ。奥を右に折れると玄関がある。

  • 山陰の家

    玄関を上がり、居間へと向かう。

  • 山陰の家

    居間は南北の庭に面し、光と風に満ちた空間になっている。

  • 山陰の家

    引込建具には、ガラス戸と共に簾戸が入り、防虫と日除け、目隠しを担う。

  • 山陰の家

    居間から南庭を見る。庭の左手の高い所は、下が車庫になっている。

  • 山陰の家

    居間から食堂へと続く空間。床レベルや天井高が変化する。

  • 山陰の家

    右が台所のカウンター。

  • 山陰の家

    食堂。建具は引き込むことができ、庭と一体になる。

  • 山陰の家

    2階への階段。2階の奥はテラスになっており、浴室が面している。

  • 山陰の家

    テラスに面する浴室。

  • 山陰の家

    大きめの区画が並ぶ新興住宅地にあり、その中でも一際間口の広い大きな敷地であったが、3台分の車庫が要望にあったため、巨大なボリュームが建ち上がる恐れがあった。

    そこで、低く抑えた車庫の上部を庭にし、住宅部分はこの庭と北庭を挟むようなT字型の平面形とした。

    道側に南北二つの庭が面するため、街に豊かな緑を提供することができ、圧迫感を与えることなく、より懐の深い奥行を感じさせるような大邸宅に相応しい佇まいを実現している。

    内部は、T字型の平面によって二つの庭を様々な位置から感じることができ、庭の高低差と呼応するように微妙に床レベルが変化していく。

    そして高いレベルにある南庭は、近隣とは切り離された空間となって、地域のシンボルである遠くの山を借景に取り込んでいる。

    床下に冷暖房空調機と蓄熱暖房機を設置した「居住域空調」としている。

    (第4回モダンリビング大賞年間ベスト6)


    所在地 山陰地方
    主要用途 住宅
    住人構成 夫婦、子供2人
    敷地面積 510m²
    建築面積 219m²
    延床面積 297m²(90T)
    規模 地上2階