• 吉祥寺北の家
  • 吉祥寺北の家

    手前が駐車スペース、奥の囲まれた所が庭。

  • 吉祥寺北の家

    玄関ホール。右手が客間、左が広間1に通じる。

  • 吉祥寺北の家

    玄関ホールから広間1を見る。

  • 吉祥寺北の家

    広間1。左に庭が続く。

  • 吉祥寺北の家

    台所。庭に近く、テラスでの食事が気軽にできる。

  • 吉祥寺北の家

    庭から広間1を見返す。生活を補完する「囲み」に挟まれた空間。

  • 吉祥寺北の家

    囲みには、造付ソファや収納が組み込まれている。

  • 吉祥寺北の家

    広間2には子供室が面し、プレイルームとして使われる。

  • 吉祥寺北の家

    二つの子供室は、ベッドの部分が上下に重なりながら仕切られている。

  • 吉祥寺北の家

    主寝室から見る。囲みの開口が重なっていく。

  • 吉祥寺北の家

    書斎コーナーから広間2と奥の子供室を見通す。

  • 吉祥寺北の家

    所々に屋敷林や畑が残り、武蔵野の趣がある閑静な住宅地だが、東側道路の敷地は近接した住宅とアパートに三方を囲まれていた。

    南側を庭にする案も当然考えられたが、隣家との間に挟まれた小さな庭では、アウトドア派の家族の愉しみを満たせないと感じたので、建物を西に配し、東側を道路の広がりまで取り込んだ開放的な外部空間にした。そこには雑木林のように木を植え、レンガで炉を手造りし、タープを張ったテラスにテーブルセットを据えて、お気に入りの場所として活用できるようになっている。

    庭に開いた上下階のスペースは、1階では居間と食堂になっていて、建具を引き込むと続き間のようにテラスと一体になり、大勢で集まれる。2階は子供たちの広間で、ピアノやパソコンのコーナー、小さな個室などに囲まれ、気配を感じながら思い思いの時間を過ごせるようになっている。外部に開いたもう一つの細いスペースは、1階では玄関とオープンな洗面で、2階は夫婦の寝室の前室のような通路となる。

    これらの開いたスペースを挟むように、様々な収納や小部屋を納めた箱を配して暮らしをサポートし、すっきりと整頓できるようになっている。南北方向に見通すと、箱に穿たれた変化のある開口が重なって続き、外部への開放とは異なる奥行を小さな家にもたらしている。

    床コンクリートに温水を通す「コンクリート蓄熱式温水床暖房」採用。


    所在地 東京都武蔵野市吉祥寺北町
    主要用途 住宅
    住人構成 夫婦、子供2人
    敷地面積 154m²
    建築面積 61m²
    延床面積 117m²(35T)
    規模 地上2階