• 東玉川の家
  • 東玉川の家

    外壁の羽目板が柔らかさを出す。

  • 東玉川の家

    光庭から各階に光を取り込む。

  • 東玉川の家

    1階玄関ホール。光庭に面した螺旋階段が貫く。

  • 東玉川の家

    2階の居間。螺旋階段は屋上のテラスまで続く。

  • 東玉川の家

    食堂の奥に台所がある。

  • 東玉川の家

    奥の格子はアルミの折戸で、窓、通風口、空調機、スピーカーが組み込まれている。

  • 東玉川の家

    吹抜の夜の表情。

  • 東玉川の家

    敷地は交通量の激しい幹線道路から数十メートル入った、密集した住宅地にある。

    建物は、東西に長い4.5m×9.9mの狭小住宅で、地階と1階に個室、2階を居間とし、そこに様々なしつらえによって空間の開放感や繋がり、光のうつろいをもたらすことがテーマであった。

    南東にある1・2階を貫く光庭は小さなものであるが、南面を半透明のガラススクリーンとし、プライバシーを守りながら各階に多くの光を取込むことができる。

    光庭に接して南西の位置に突き出した搭屋は、居間に光を取込む吹抜で、屋上のテラスへの階段を内蔵している。

    吹抜は居間に広がりをもたらし、更にハイサイドライトから視線が空へと抜け、取込んだ光はダイアゴナルに奥まで差し込む。

    そして1階道路側にはピロティを切り取り、密度の高い街にとっての貴重な空間の広がりを提供している。

    注意深く切り取られた外への視線が、密集した場所であることを忘れさせ、小さな家で様々な気分、時が味わえ、家族の生活が静かに彩られるであろう。


    所在地 東京都世田谷区東玉川
    主要用途 住宅
    住人構成 夫婦、子供2人
    敷地面積 78m²
    建築面積 39m²
    延床面積 98m²(30T)
    規模 地上2階、地下1階